amadanaウォーターサーバー 電気代

amadanaウォーターサーバーの電気代は月いくら?

amadanaウォーターサーバーの電気代

 

ウォーターサーバーは冷蔵庫と同じように
24時間365日電源を入れておく必要があります。

 

 

そのため水の料金だけでなく、
電気代も毎月かかる費用として重要な選択ポイントです。

 

 

では、amadanaウォーターサーバーの電気代
月にいくらかかるのかというと800円〜1000円くらいです。

 

 

この金額はウォーターサーバーの中で平均的な料金ですが、
意外と電気代がかかると思いませんか?

 

 

どのウォーターサーバーでも同じくらいの料金がかかってしまうものですが、
amadanaウォーターサーバーの電気代を節約する方法を紹介します。

 

 

 

amadanaウォーターサーバーの電気代が月800円かかる理由

amadanaウォーターサーバーの電気代800円

 

ウォーターサーバーの中にはエコモードを搭載しているタイプがあり
電気代が1ヶ月で500〜600円に抑えられるタイプもあります。

 

 

エコモード非搭載のウォーターサーバーでは
だいたい月1000円前後の電気代がかかります。

 

 

エコモードは夜の使わない時間帯の温水スイッチをオフにすることで
ヒーター運転を止める事で電気代を下げるという機能です。

 

 

amadanaウォーターサーバーにはエコモードが搭載されていないため
月800〜1000円という電気代に抑えているのは優秀です。

 

 

しかし、エコモードの機能を付ければ
電気代がもっと下がるのでは?と思いませんか?

 

 

ただ、エコモードで温水のスイッチを切る事は
衛生上あまりおすすめできません。

 

 

というのも、ウォーターサーバーは常に温水や冷水の温度を
一定に保つ事で細菌の繁殖を抑えています。
(温水:約87℃ 冷水:約6℃)

 

 

水温が10℃から45℃の間で細菌が増えやすくなると言われており
温水のスイッチを切ると温度が下がるため
細菌が増えやすい状態になる可能性があります。

 

 

実際には一晩でそう細菌が増えることはないでしょうが、
amadanaウォーターサーバーにはエコモードは付いていません。

 

 

逆に、加熱クリーンシステムを搭載しており、
より安心して飲めるようになっています。

 

 

 

amadanaウォーターサーバーの電気代節約方法

amadanaウォーターサーバーの電気代節約

 

エコモードは付いていないとしても、
amadanaウォーターサーバーを使用するときの
電気代は少しでも安いほうがいいですよね?

 

 

あまり知られていないのですが、
ウォーターサーバーは使用環境によって電気代が上下します。

 

 

そこでウォーターサーバーの電気代節約方法を紹介します。

 

 

 

1.ウォーターサーバーに直射日光を当てない

 

 

日当たりの良い場所にウォーターサーバーを置くと
水温が上がってしまったり機械が熱を持ってしまいます。

 

 

その分、水を冷やす時に電気代がかかってしまいます。

 

 

できるだけ直射日光が当たらない場所に
設置するようにしてください。

 

 

それだけで電気代の節約になります。

 

 

 

2.一度に大量の水やお湯を使わない

 

 

一度に大量の水やお湯をタンクから出すと
次の冷水・温水の温度にするためにサーバーがフル運転します。

 

 

その分、電気代として加算されます。

 

 

大量の使用は控え、少量ずつ使うようにしましょう。

 

 

amadanaウォーターサーバーはオシャレなだけでなく、
水の美味しさや水の料金でおすすめの ウォーターサーバーです。

 

 

特に魅力的なポイントは、amadanaウォーターサーバーの特徴
紹介していますので、参考にしてください。